guaranteed phone contracts

2011/5/9

Tシャツをイベントで着用

一般家庭向けプリンターでTシャツを製造したいと考えた場合、布地は普通綿がいいと言われています。

木綿素材と化学繊維をミックスしている商品も販売されていますが、コットンは素肌に優しいだけではありません。インク自体ものりやすいのでお勧めです。中でもカラー画像をプリントしようと思うのなら、木綿にしてください。手元にある辞書を調べると、Tシャツとはワイシャツの首の周辺、袖を切って落とした、布で製作された衣類の1つだと記述されているとはご存じの通りです。

そうしたTシャツの背中全体や前面に好みの名前を印刷してくれる業者が今は存在します。

普段着の1つとしても着用できるだけでなく、PR商品にも応用できます。現代ではTシャツの背面に背番号を印刷してくれる制作業者が目だってきています。

名前も好きなようにプレスしてくれるため、自分たちの運動サークルで世界に1つのオーダーシャツを注文してみるといいです。値段も安い値段で仕上げられます。コットンで出来たオリジナルTシャツの優れた点は、自宅の洗濯機でも洗えるところだと言えます。

オリジナルTシャツをイベントで着用するとすぐに汚れてしまいますが、自宅の洗濯機でも丸洗いが可能なので、日々のお手入れが楽です。しかしながら、色物と合わせて洗濯すると色の移りが起きる恐れがあるので、注意してください。

24時間テレビのオリジナルTシャツ

Tシャツのリメイクの経験はありますか。

確かにこれはもうデザインとしては着られないけど、何かに使えるかもしれないっていうことはあるかもしれません。

またちょっとアレンジをして違う用途に使うっていうこともいいのではないかな、って思います。

私の友達が実際にやったアレンジは、24時間テレビのオリジナルTシャツをキャミソールにするというものでした。

普通のTシャツタイプだとあまり可愛くはないっていうことで、アレンジをしてしまったのです。キャミソールにすると、とても可愛くてライブにも着ていくことが出来ました。

私もその年の24時間テレビのオリジナルTシャツは持っています。でももう着ることはないと思うのです。

毎年、デザインが違うっていうことがあるのと、興味がない時には本当に興味が湧かないのです。出演者にもよるのだと思います。

もしも、デザインで少しアレンジを加えたいと思うオリジナルTシャツがあったら、簡単に出来る方法でアレンジをしてみてはいかがでしょうか。そんなに大変ではない、簡単に出来る方法もあるので、利用してみるといいのではないかなって思います。

アレンジ次第では違うものに変えることが出来ると思うので、面白いと思います。

私が買い求めたオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツのリメイクという、たいそうなことといえるかどうかわかりませんが、以前、函館に旅したとき、とても印象的な一枚を見つけ、即買いとなったことがありました。

とてもかわいいイラストだったので、自分はもちろん、当時まだ小さかった姪と甥にも、同じデザインのものを買って帰ることにしました。

そのオリジナルTシャツは、函館を象徴する魚であるイカをモチーフにして作られていました。

そのデザインは、一目見たら忘れられないほどインパクトのあるもので、このイカを立体的なキャラにし、町おこしに役立てればいいのにと思ったくらいです。

実際、その後、函館の町の代表としてイカのキャラが出来ていましたが、なんとなくコンセプトがイマイチで、キャラクターもかわいくありませんでした。

私が買い求めたオリジナルTシャツの、鉢巻を締めたイカのほうが、ダンゼンかわいかったと思います。

けれど、この大事に着ていたイカのオリジナルTシャツ、洗濯物を干しているときに洗濯挟みが布を貫いてしまい、着られなくなってしまいました。

そこで、プリントされた部分だけを切り取り、壁に張ってタペストリー的にアレンジしてみることに。

これがけっこううまくいき、部屋のかわいいインテリアになってくれました。

オリジナルTシャツのリメイクが始まりました

オリジナルTシャツのリメイクをするにはどうしたら良いのか、悩んでいる友人が居ました。

と言うのも、懸賞品として当たった物なのですが、思いっきり背中部分に商品名が入っていたのです。

応募した当初は限定品ということで貴重な物という印象から、周りに自慢したいがために応募してみたそうなのですが、いざ、当たってみると使い勝手が悪いことに気付いたというのです。

私も実物を見せてもらいましたが、たしかに外へ着て出るには恥ずかしくなるようなデザインとなっていました。

そこで、オリジナルTシャツのリメイクをすることになったのです。これは裁縫が得意な人や、デザイナーとして活躍している人などに協力してもらうと上手くいくのではないか、と思いました。

ちょうど、そういう人が身近に居たので友人に紹介してあげることにしました。

そして、ようやくオリジナルTシャツのリメイクが始まりました。素材を活かすことも大事なので、あまり大幅な変更をするつもりではありません。

背中部分の商品名さえ目立たなくすれば、外へ着て行くことも可能なので、その辺を重点的にやってもらいました。

オリジナルTシャツのリメイクが終わり、友人はそれを着て颯爽と街中を歩くことができるようになったそうです。